音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

昨夜のレッドクロス〜ここが僕らの発信基地〜

「急に人が減ったね〜」

 

昨夜0:00頃、新宿レッドクロスでの会話である。

そのちょっと前までは、お酒を飲みながら会話を楽しむ人たちがたくさんいた。

それが気づけば、Mr.ワリコメッツのメンバーのうち3人と、ワリコメッツの仲間数名を残すのみになっていた。

その状況での会話。

まぁ、ライヴの日にはわりとよくある光景ではある。

 

昨夜は、新宿レッドクロスにて、Mr.ワリコメッツのライヴだった。

 

f:id:hiroya_drummer:20180312160132j:image

 

18:30スタートで、オープニングアクトにThe ロカ。

数ヶ月前に観た印象とはだいぶ違って、自信満々に演奏しているように見えた。

素晴らしい!

3マンの一番手は、恋をしようよジェニーズ。

小気味良いステージ。

恋ジェニのライヴ、好きだなぁ。

最後までライヴを観たかったのだけど、自分たちの出番の準備があるから、途中で楽屋へ。

4/15(日)には、レッドクロスで彼らのワンマンライヴもあるとのこと。

観たいなぁ。

二番手は、我々、Mr.ワリコメッツ。

いやー、力入った。良くも悪くも(笑)。

トリは、バーレスクエンジン

コハラさんのMC、ハーモニカ、そしてバンドの完成度。

どれを取っても素晴らしかった。

またご一緒したい。

 

f:id:hiroya_drummer:20180312161307j:image

 

そして、バータイム。

多くの人たちが、お酒を飲み、会話を楽しむ。

日曜日の夜だっていうのに、夜遅くまで人がいっぱい残っていた。

ライヴが終わったらすぐに人がはけてしまうライヴもある中、こういうのって、なんだか良い。

こういうところから、音楽文化が育っていくのだと、僕は思う。

さながら、音楽文化の発信基地だ。

 

そして、冒頭の会話へと繋がっていく。

仲間が「今日はさくっと帰ろうと思ったのに、結局この時間になっちゃったな〜」と言うので、「俺もさくっと帰ろうと思ってたんだけどね」と返す。

「それは何時頃?」

「終電の時間までには」と僕。

 そこでハタと気付く。

そもそもの設定がおかしいから、ライヴの日には朝方近くまで飲んでしまうことが多いのだなぁ。

ちょっと反省。

でも、まぁ良い。

ここが僕らの音楽文化の発信基地。

そう確信している。