音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

ライヴハウスで会った、イタリア人シェフと

少し前に知人のライヴに遊びに行った時、そこに遊びに来ていた人と話す機会があり、仲良くなった。

彼はややカタコト気味な日本語を話すイタリア人で、料理人であった。

アメリカ料理のレストランで働いているということを聞いたので、近いうちに食べに行くからと店の場所と名前を教えてもらった。

 

昨夜、そのレストランに行ってきた。

僕はこういう縁はとても大事だと思っていて、時間が空いてしまうとお互い記憶も薄れてしまうので、「鉄は熱いうちに打て」というモットーとともにタイミングをうかがっていた。

幸い、相手はレストランだ。

定休日はあるものの、それを除けば自分のタイミングで行ける。

それが昨夜、ようやく叶った。

 

料理は美味しかった。

ライヴハウスで会った彼とも再会できた。

向こうは初め、顔は見たことあるけれ、どこで会ったか思い出せなかったらしい。

無理もない。

一度会って軽く話しただけなのだから。

どこで会ったか彼に説明すると、向こうはすぐに思い出してくれた。

僕は忘れてしまっていたのだけど、去年のMr.ワリコメッツのワンマンの時に作った記念ライターを、その時に彼にあげていたらしい。

だからすぐ、「最近バンドはどうだ?」、「次のギグはいつだ?」というようなことを聞いてくれた。

嬉しかった。

こちらの予想を上回ることまで覚えていてくれて。

 

素敵な縁に、感謝。