音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

和音を鳴らす!オイラはドラマー・・・

僕はドラマーである。

ドラマーとは、ドラムという楽器を演奏する人。

当たり前か。

そんなもんだから、普段、メロディーを奏でたり和音を鳴らしたりすることはない。

 

ちょっと前から、作曲を試みようとしている。

けれど、なかなか時間が取れなくて、遅々として進まない。

いや、それは意欲の問題か。

ともかく、小さなことでもいいから何かしらには手をつけようと思って、家にある小さな鍵盤を取り出しては、コードを鳴らしてみたりしている。

まずはCというコードを押さえてみる。

うん、安心、安定のクオリティー。

次にFを押さえる。

やや、不安定になる。

そして、G。

さらに不安感、緊張感が高まる。

最後にCに戻って、あー、安心、と。

まぁ、これは例え話だけど、トニック、サブドミナントドミナントとか、代理コードとか、いろいろあったなぁということを、鍵盤を押さえながら、作曲に関する初歩的な本を見ながら思い出す。

 

コード進行。

音楽理論の話はともかく、自分の意思でコード進行を、和音の流れを作り出していることに小さな感動を覚える。

それも和音の一部になるのではなく、和音全体を操作しているのだから。

ハーモニーって、気持ち良い。

うむ、まるで初学者丸出しである。

でも仕方ない。

オイラはドラマー。

普段自分で和音を鳴らすことなんてないのだから。

でも、それだけで新鮮な発見があるのだから、逆に得しているのかも。

いや、どうだか。。。