音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

生のライヴを体験したい

前にも書いたように、今、『ブルース&ソウル・レコーズ』の137号をパラパラめくったり、ちょこちょこ読んだりしている。

その中で紹介されている新譜にも気になるものがあったりして、可能なかぎりチェックしようと試みる。

まぁ、新譜とは言ってもこの号の発売は去年の夏頃だったはずだから、ちょっと前のものではあるのだが。

今朝はその中から一枚、MOJO CLUB『LIVE! & NEW!』を聴いた。

 

MOJO CLUBとは、三宅伸治(vo&g)、谷崎浩章(b)、杉山章二丸(ds)のお三方からなるスリーピースバンドで、今回のアルバムはデビュー30周年の節目にあたると言う。

全12曲中、スタジオ録音は4曲のみで、残りは神田The Shojimaruでのライヴ録音。

個人的には、このライヴ録音が気になった。

まず、このライヴ録音は、音がかなり生々しい。

生々しいからこそ、たとえばハイハットのプレイなど、ニュアンスがはっきりと聴き取れるし、もっと言えば息使いなども感じられるほどだ。

楽器奏者からしたら、こういった生々しい録音はありがたい。

演奏のイメージが、自分なりにではあるけれど、ありありと浮かんでくる。

神田The Shojimaruという店も気になる。

ここはドラムの杉山章二丸さんの店で、前々から行ってみたかったのだけど、今のところはまだ行けていない。

どんなところであろうか?と想像をしながらアルバムを聴くのも楽しい。

 

ちなみに、ここでのライヴには、ブルース・ハープにKOTEZ、テナー・サックスに片山広明が参加しているという。

あぁ、神田The Shojimaruでこのバンドの生のライヴを体験したいなぁ。

 

 

http://amzn.to/2FKdp9C