音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

エルヴィン・ビショップ、ジョン・リー・フッカー

今は、いろいろと音楽を聴いていこうという期間。

昨日は、エルヴィン・ビショップのトリオの最新作やジョン・リー・フッカーのいろいろな時代の音楽を試す。

ちなみにエルヴィン・ビショップは、ポール・バターフィールドのバンド出身のギタリストである。

最新作は、ギター、カホン、ギター兼ピアノという3人編成。

3人とは思えない豊かな音楽を奏でていて、一聴して気に入った。

カホンでこんなにカッコ良くブルースができるなんて!

ジョン・リー・フッカーは、今読んでいる雑誌『ブルース&ソウル・レコーズ』の特集に合わせて、しばらくいろいろ聴いていこうという心づもり。

昨日は、ベースのスラップ音が入るような、ジョン・リー・フッカーとは思えない時代の曲も聴いたけど、それはそれで良い。

けれど、ジョン・リー・フッカーと言えば、やっぱり初期の、ギターと歌だけの演奏によるブギだ。

この時代のギターの音、本当にカッコ良くて病みつきになる。

 

そんなこんなの、音楽ライフ。