音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

雑誌の付録CD〜ジョン・リー・フッカー「ブギ・チレン」の時代〜

雑誌『ブルース&ソウル・レコーズ no.137』を読み始める。

ジョン・リー・フッカー生誕100年記念特集号。

この雑誌の良いところの一つが、毎号付録CDが付いてくるところ。

何度も聴き込むようなことはあまりないけれども、聴くのが楽しみであることには変わりない。

普段聴くことのない貴重な音源が聴けたりもする。

 

今回の付録CDは、ジョン・リー・フッカーの代表曲の一つ「ブギ・チレン」から始まる。

1948年録音の「ブギ・チレン」を筆頭に、同時代のブルースやR&Bが収録されている。

40年代後半のR&Bシーンが見えてくるという寸法だ。

まだバンドの音にエレクトリック化の影響が少ない時代の音楽。

うーん、まず音がカッコいい!

特に、唯一のエレクトリック楽器とも言えるギターの音に心惹かれる。

ジャズっぽいものや、Tボーン・ウォーカーっぽいものなど。

そして、今まで聴いたことがない音源を聴くことには、やはり多くのヒントが詰まっていると実感した。

 

しばらくは音楽を聴きまくるぞ!

 

f:id:hiroya_drummer:20180109160838j:image