ひろやのブログ

バンド活動、音楽のこと、本のことなどを通して、日々考えたことの記録

年越しライヴ

昨日は、京都VOXhallでの年越しライヴ。

朝9時に集合して、都内→神奈川を経て京都に向かう。

途中事故渋滞などもあって京都に入る頃には19時を回っていた。

今回は、座席の狭い車での長時間の移動だったこともあって、本当にしんどかった。

年の最後に何という試練なんだ!と思った。

 

京都VOXhallに到着。

最初はどこから機材を搬入していいのかも分からず戸惑ったけど、ライヴハウスに入ってしばらくするとだんだん慣れてくる。

VOXhallは客席が傾斜の急な段になっていて、ステージを見下ろすような形となる、独特な作りのライヴハウス

ステージが見やすくて良い。

Mr.ワリコメッツのライヴはどうだったのだろう?

その評価はここではしないでおくが、客席からステージが見やすいのと同様にステージ上からも客席が見やすく、しかも天井が高くて解放感のあるVOXhallでのライヴはとても気持ちが良かった。

 

イベント後はフライヤーを配りつついろんな人と話ができて楽しかった。

そして以前、松戸にあるファイヤーバードでワリコメッツのライヴを観たことがあるというフィンランド人たちやワリコメッツのライヴを観に来てくれた人たちと、夜明け過ぎまで打ち上げ。

フィンランド人4人は1人を除いて日本語がしゃべれなかったけれど、音楽は世界の共通言語と言わんばかり、ビートルズブルーハーツの話題でなんとかコミュニケーションを取って、なんとも楽しい時間を過ごした。

ん?

ブルーハーツ

そう!ブルーハーツも好きなフィンランド人たちで、一緒に「リンダリンダ」を合唱したりした。

貴重な体験。

 

移動はキツかったけど、その移動の苦労の元もしっかり取れた、なんとも充実した1日だった。

2018年。

幸先のよいスタート!

皆さまと一緒に、良い一年にできたら良いなぁ!