音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

辛抱の時

ここのところ、音楽に関係ないところでの忙しさがピークに達している。

家にもただ寝るためだけに帰っているような状況で、生活もなにもない。

音楽を聴きたい。

練習したい。

本を読みたい。

けれど、時間がない。

もうしばらくの辛抱だ。

トンネルを抜ければ、また、まばゆいばかりの景色が待っているはず。

 

そんな中、来年の見通しのことばかり考えている。

どうすればバンドの価値をもっと高められるか?

どうすればもっとより多くの人たちに喜んでもらえるか?

答えには、まだ達していない。

けれど、考え続けることによってアイデアは熟成され、洗練されていく。

そう信じている。

それが僕のやり方なのだろうと思う。

 

今は、辛抱の時。