音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

キース・リチャーズ『Crosseyed Heart』を聴く

今朝、寝起きにTwitterを見ていて、昨日はキース・リチャーズの誕生日だったと知る。

よし、今日はキースを聴こう!

何を聴こうか?しばし考える。

検索したら、2015年のアルバム『Crosseyed Heart』が目に留まった。

https://open.spotify.com/album/4OqRSYZqUrqQpjjQLqkqUy?si=u1vTeX9PSWSzd-u5IWQc5Q

よし、今日はこれを聴くことにしよう。

 

このアルバムは聴いていなかったので、曲を聴きながら、どんなアルバムなのか?ちょろっと検索してみる。

そうしたら、僕の好きなドラマーでプロデュースなども手掛けるスティーヴ・ジョーダンが参加しているアルバムだった。

おぉ!新たな発見。

クレジットなどは見ていないので正確なところは分からないけど、おそらく全曲、スティーヴ・ジョーダンがドラムを演奏しているのだろう。

いかにもスティーヴ・ジョーダンなプレイが目白押し!

カッコいい!

朝から得した気分になる。

ちなみに、キースとスティーヴ・ジョーダンの共作曲もあるらしい。

 

仲間の発言を媒体に新たな音楽と出会う。

そして、音楽を媒体に新たな人と繋がる。

人と音楽との、切っても切れない関係。

素晴らしい!