音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

キース・ムーンの個性的なドラムが聴けることには変わりがない

引き続き、The Whoのデビューアルバム『My Generation』を聴く。

デラックス・エディション、全30曲。

僕はこのアルバムをかなり昔に、ディスクユニオンで買った。

中古CDを求めて、ディスクユニオン通いにハマっていた頃のことだ。

CDで音楽を聴くことが好きなのか?

いや、CDを買うことが好きなのか?

むしろ、ユニオンに行くことが好きなのか?

全てが入り混じってよく分からなくなっていた。

そんな時にこの『My Generation』のデラックス・エディションを見つけて購入し、聴き込んだ。

特に、オリジナル版には無い、ディスク2のカヴァー曲が好きだった。

 

今回、久しぶりにこのアルバムを通して聴いた。

CDを持っているにもかかわらず、Spotifyで。

日常使いでは、やはりその便益性には敵わない。

CD探すの面倒だし。

そして、いずれにせよ、キース・ムーンの個性的なドラムが聴けることには変わりがないのだ!