音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

単なる音楽ファン

SpotifyApple Musicの定額制ストリーミングサービスと契約してからというもの、音楽を聴く機会がぐっと増えていたのだけど、ワンマンが近づくにつれ時間に余裕がなくなり、あまり聴けなくなっていた。

今ひと段落して、ようやくまたじっくりと音楽を聴いていこうと思う次第。

考え方はいろいろあるとは思うけれど、僕にとって音楽にじっくりと耳を傾けること(BGMのように聴きながすこととは別の話。BGMにはBGMの良さがある。)は、日々の音楽活動にとってとても大事なこと。

1番の練習方法であり、音楽を知る基礎であり、表現活動のヒントであり、何より1番の楽しみである。

そう、単なる音楽ファンだ。

でも、それでいい。

それがいい。

プレイヤーである前に、僕は単なる音楽ファンなのだ。

 

今朝は久しぶりに、THE WHOのデビューアルバム『マイ・ジェネレーション』を聴く。

My Generation (Deluxe Edition) by The Who on Spotify

 

こうしてまた、次の大きな仕事に向けて新たな一歩を踏み出したのだと実感するのである。