ひろやのブログ

バンド活動、音楽のこと、本のことなどを通して、日々考えたことの記録

自分独自のスタイル〜チャック・ベリーとボ・ディドリー〜

昨夜、チャック・ベリーとボ・ディドリーが一緒に作ったアルバム『Two Great Guitars』というのを聴いた。

チャック・ベリーとボ・ディドリー。

2人とも、歌も歌うし曲も作るしで、ロックの歴史に名を残す偉大なアーティストだ。

特に60年代のイギリスのバンドに与えた影響は計り知れない。

そんな2人の競演アルバムはインストもの。

それを聴いていたら、二人は優れたギタリストでもあるのだということを、改めて認識させられた。

しかも、完全に自分独自のスタイルを持つという!

チャック・ベリーのギターはチャック・ベリーでしかあり得ないし、ボ・ディドリーのギターはボ・ディドリーでしかあり得ない。

そんか二人のギターが同じ曲の中で同時に鳴っているのが奇跡に思える。

ともかく、表現者にとって自分のスタイルを持つことはとても重要なことだ!

それも、強烈な個性を持った方がいい!

今後の指針となるヒラメキを得られたかもしれない。