音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

いろんな人の、いろんな人生がある

今朝は、身体が重い。

そもそも、なかなか起きられなかった。

スヌーズで何度目覚ましのアラームが鳴ったことか。

そして、喉も少しだけ痛い。

おとといライヴハウスに遊びに行ったのと、昨日自分たちのライヴだったのと、それにライヴハウスにいたら当然ビールが進んでしまうのとで、疲労しているのだろう。

けれど、気分は良い。

おとといの夜も昨夜も、良い夜だった。

社会的動物であるヒトの幸福感には、人間関係の影響が大きいと言われている。

よく会う人。

たまに会う人。

初めて会う人。

ライヴハウスは出会いで溢れている。

そこには、人生がある。

いろんな人の、いろんな人生がある。

そんな様々な人生が交わる場としてのライヴハウス

それらを繋ぐ、音楽。

 

とても疲れているのに、なんだか気分の良い朝である。