ひろやのブログ

バンド活動、音楽のこと、本のことなどを通して、日々考えたことの記録

聴きたいけど、聴けてない

昨日、『ブルース&ソウル・レコーズ no.136』に載っていた、スペンサー&パーシー・ウィギンスのインタビュー記事を読んでいて、久しぶりにスペンサー・ウィギンスを聴きたくなった。

スペンサー・ウィギンスはメンフィス生まれの、サザン・ソウル歌手。

1960年代、メンフィスにあったゴールドワックス・レコードというレーベルからレコードを出していたことで有名である。

そんなわけで今朝は、スペンサー・ウィギンスのゴールドワックス時代の録音の編集盤『The Goldwax Year』を聴いた。

 

このようにして、聴きたい音楽が増えていく。

初めて聴くもの、久しぶりに聴くもの、好きで頻繁に聴くもの。

良い音楽に囲まれて暮らすのは幸せなことだ。

ただ、悩ましいこともある。

それは、1日が24時間しかないということ。

聴きたい音楽はたくさんあるけど、時間は有限である。

限りある時間の中で、取捨選択して聴いていくしかない。

そうして、聴きたいのだけど聴けてない音楽が溜まっていく(苦笑)

 

それは、読みたい本、観たい映画なんかについてもそう。

言ってもしょうがないことだけれど、あえて言おう。

「あ〜、もっと時間があったらなぁ」

では、今日も良き音楽ライフを!