ひろやのブログ

バンド活動、音楽のこと、本のことなどを通して、日々考えたことの記録

音楽雑誌から、チャック・ベリーへ

数年前、毎号買って隅から隅まで読んでいた音楽雑誌が二つあった。

リズム&ドラム・マガジン』と『ブルース&ソウル・レコーズ』の2誌だ。

ある時期を境にその習慣はだんだんと薄れ、しばらくするとピタッとやめてしまった。

ところが最近、と言ってもここ数ヶ月という単位での話だけど、まずドラムマガジンを買い始め、その時書店で見かけたブルース雑誌にもついつい手が伸びてしまって、また買うようになった。

 

こうしてまた買い始めた音楽雑誌だったけれども。

さっそく滞り始めて、ツンドク(積読)状態に陥りつつある。

そんなわけで、読みかけだった『ブルース&ソウル・レコーズ』の136号を、たぶん8月ぶりに開く。

特集記事は、「追悼特集① チャック・ベリー」、「追悼特集② ジェイムズ・コットン」である。

 

f:id:hiroya_drummer:20171015100625j:image

 

というわけで、昨日はチャック・ベリーのファースト・アルバム『アフター・スクール・セッション』を聴く。

しばらくはチャック・ベリー漬けになるかもしれぬ。