ひろやのブログ

バンド活動、音楽のこと、本のことなどを通して、日々考えたことの記録

明日は明日の風が吹く

物事がうまく運ぶ日と、なかなかうまく運ばない日がある。

たとえば出だしに躓いてしまって、あらゆることが後手後手に回ってしまう日。

集中して取り組めばすぐ片付くような雑用が、しかるべき時に片付けなれなかったために中断を余儀なくされてしまい、ちょっと進めてはまた中断されるという悪循環。

悪循環にハマってしまいストレスを感じ始めているような時に限って、さらに新たな仕事が舞い込んできたり。

そしてその悪循環が尾を引いて、その後のプロセスもどこかなんとなく非効率だったり。

昨日は、そんな1日だったような気がする。

まぁ、良い。

いい日もあれば、悪い日もある。

それは、良いライヴができる日もあれば、あまりうまくいかない日もあるように。

そういう波にさらされることが、生きているということでもあるだろうと思う。

終わった1日は1日として、先へと進もう。

明日は明日の風が吹く

 

懐かしい曲に取り組む。

予想以上に覚えてないことに愕然とする。

自分で演奏したものを改めて耳コピして、「なんなんだ、これは?」と思ったり。

そんなこともまた、楽しからずや。