音楽ができるまで 〜あるドラマーの記録〜

日々の音楽活動を通じて、感じ、考え、行動したことの記録。 Mr.ワリコメッツ、ドラマー。

身体

その瞬間は、いつやってくるのか分からないのだから

ドラムを演奏するには、もちろん、手足を使う。 スティックを扱うのには腕、手首、指が関わってくる。 バスドラムやハイハットのフットペダルを扱うのには、脚、足首、つま先などが連動して関わってくる。 そうなのだけど、手足にばかり意識が向きすぎると、…

ヒトの身体への興味は深まるばかり

アレクサンダー・テクニーク。 ボディ・マッピング。 高岡英夫氏の身体論。 音楽の演奏にまつわる身体の話から、ヒトの身体への興味は益々深まるばかり。 僕らは普段、自分の動きにいかに無意識的か、ということに気づかされる。 いや、無意識なのは問題ない…