ひろやのブログ

バンド活動、音楽のこと、本のことなどを通して、日々考えたことの記録

夜中にスタジオー全ては過程の中にー

昨夜は、夜中にスタジオ入り。 Mr.ワリコメッツのメンバーと。 23日にあるライヴのリハーサルと見せかけて、実はそんなことはない。 新しい曲のアレンジのいろいろ試してみる。 次から次へと新しいアイデアを繰り出す、ヴォーカルのエイジ。 それに即座に呼…

栄養を得る、「Shake」を聴き比べながら

今はどうしても、12月に控えているワンマンライヴのこと、そしてそれまでのライヴやスタジオでのリハーサルのことを中心に考えてしまうが、同じことばかり考えていては視野が狭くなってしまう。 こういう時こそ、本を読みたくなる。 昨夜はドラム・マガジン…

名古屋と、ワンマンまでの残りの「道しるべ」

名古屋ではまだ、Mr.ワリコメッツのことを求めてくれる人がいないと、昨日書いた。 そして挑んだ、今池ハックフィンでのライヴ。 今まで名古屋では少数のお客さんを前にしてのライヴばかりだったのが今回は多めだったせいなのか、あるいはバンド自体に力がつ…

名古屋へ

名古屋、か。 僕が名古屋でライヴをするのは、今回で3回目。 3年程前の、新栄クラブロックンロール。 そして2年近く前の、得三。 そして今回、今池ハックフィン。 いずれもMr.ワリコメッツでである。 そうか、前回からもう2年も経つのだなぁ。 その間、大阪…

それぞれの想い

バンドにはバンドの物語がある。 バンドはもちろん、何人かのメンバーが集まって組まれているわけで、そこにはメンバーそれぞれの想い、物語もある。 バンドが、たとえばCDを作る。 そうするとこれに関わる人も生まれてくる。 レコーディングエンジニアさん…

『ワン・プラス・ワン』のように

メンバーが新しい曲を持ってくる。 曲を聴いてメンバー各自イメージを膨らませて、スタジオで合わせてみる。 何度かやってしっくりこないと、また違うパターンで試してみる。 それでもしっくりこないとまた違うパターン。 悪くなくても、違う可能性も試して…

目指すべき目標に突き進む

あれもやらなければならない。 これもやらなければならない。 やらなければならないことがいろいろあって、本を読む時間が減っている。 それは僕にとって辛いことではあるけれど、やらなければならないことは、やりたいことをやるために必要なことである。 …

「道しるべ」、次は名古屋

最近、ワンマンライヴのことばかり考えている。 なんだか頭から離れてくれない。 Mr.ワリコメッツでのワンマンライヴは今回で4回目。 今まで経験したワンマンを振り返ると、うまくいった点もあれば、うまくいかなかった点もある。 そうした経験を反省し、な…

自分独自のスタイル〜チャック・ベリーとボ・ディドリー〜

昨夜、チャック・ベリーとボ・ディドリーが一緒に作ったアルバム『Two Great Guitars』というのを聴いた。 チャック・ベリーとボ・ディドリー。 2人とも、歌も歌うし曲も作るしで、ロックの歴史に名を残す偉大なアーティストだ。 特に60年代のイギリスのバン…

いろんな人の、いろんな人生がある

今朝は、身体が重い。 そもそも、なかなか起きられなかった。 スヌーズで何度目覚ましのアラームが鳴ったことか。 そして、喉も少しだけ痛い。 おとといライヴハウスに遊びに行ったのと、昨日自分たちのライヴだったのと、それにライヴハウスにいたら当然ビ…

武道の言葉、野球の言葉。そしてドラム。

日々、いろいろな言葉に刺激を受ける。 [最強の身体運用は、「守るべき私」という観念を破棄したときに初めて獲得される。](内田樹著『修業論』光文社新書) これは、もう何十年も合気道の修業を経験してきた著者による、武道の言葉。 [自分は、今、ここ…

お知らせ

僕が所属するバンド、Mr.ワリコメッツのワンマンライヴまで、いよいよ一ヶ月を切りました。 ワンマンライヴは、12月10日の日曜日、新宿レッドクロスにて。 そして明日は、東高円寺UFO CLUBにて、Mr.ワリコメッツのライヴがあります。 ワンマンライヴがワリコ…

ノリの良い音楽が好き〜リズムについて

僕はノリの良い音楽が好きだ。 生まれもった性質なのかどうか分からない。 あるいは、ドラムという楽器を始めてしまったせいなのかもしれない。 そんなわけだから、聴く音楽も自然とノリの良い音楽に集中してしまう。 今でこそそこまで極端ではなくなったけ…

待ち遠しい

ライヴスケジュールに関すること。 宣伝活動に関すること。 その他もろもろ。 今、結果と言っていいのか、なんらかの答えを待っている案件がいくつかある。 急いでも仕方ないし、時期が来れば答えは当然分かるのだけど、それでもなんだか待ち遠しい。 それら…

ノスタルジー

昨夜は、Mr.ワリコメッツのリハーサルでスタジオ入りした。 ワンマンライヴに向けての構想を練ったり、久しぶりの曲を練習したり。 それから次の日曜日には東高円寺UFO CLUBでのライヴも控えているので、その打ち合わせや練習も。 とにかく、やること盛りだ…

堂々巡り

良いライヴとは何か? 良い演奏とは何か? 日々、そんなことを考えながら、練習している。 いや、毎日考えるわけではないけれど、ふとした瞬間に頭の中を横切る。 たとえば理想のドラマー像というのなら、あるかもしれない。 そのイメージは、時には明瞭であ…

ふと、買った時の記憶が蘇る

ついさっきの話である。 フィル・スペクターのボックス・セット『BACK TO MONO』を聴いていた。 いや、正確に言うと、そのボックス・セットのディスク1〜ディスク4までを曲順通りに並べてある、Spotify上のプレイリストを聴いていた。 CDを引っ張り出すのが…

あと、34日!

関西ツアーが終わったところで、ふと振り返る。 ワンマンライヴまで、あと34日。 一ヶ月とちょっと。 だいぶ時間が迫ってきている。 僕は以前の記事で、ワンマンライヴまでの道中、一回一回のライヴを道しるべとして設定した。 道しるべの内容はこうだ。 ①10…

ドアーズについて読みながら

ツアーの疲れを癒すため、本を読みたかったため、やるべき雑用を片付けたかったため、まぁいろいろ理由はあるけど、とにかく今日はゆっくりと過ごす。 時間に追われるばかりの日々ではエネルギーが枯渇してしまう。 こういう日も必要なのだ。 一ヶ月くらい前…

ハガキが人と人とを繋ぐ〜高槻ライヴ〜

今朝は睡眠不足と、残ったアルコールと、たまった疲れによりブログどころではなかった。 昼前に高槻を出発し、途中大渋滞にハマったこともあり今さっきようやく帰宅。 ブログを1日飛ばしてしまうのは気持ち悪いので、今何かを記しておこう。 昨晩は高槻ナッ…

音楽が紡ぐ、人と人との繋がり〜磔磔でのライヴから〜

アルコールの影響残る、京都二条の朝。 昨晩は、あの伝統ある磔磔にて、Mr.ワリコメッツのライヴだった。 磔磔でのライヴは4回目。 他のどのライヴハウスにも無い、あの独特な雰囲気。 あの雰囲気がとても好きだ。 そして、現状では磔磔をお客さんでいっぱい…

京都へと向かう

午前7時前の新宿駅。 まだ大混雑というほどでもないが、かと言って人通りが少ないわけでもない。 せわしなく先へと歩みを進めるスーツ姿のビジネスマンが、これから繰り広げられるであろう通勤ラッシュの大混雑を予感させる。 そんな中、スネアやペダルなど…

お知らせ

明日から、僕の所属するバンド、Mr.ワリコメッツは関西ツアーに出ます。 11/2(木)は京都磔磔にて、11/3(金)は高槻ナッシュビルウエストにてライヴです。 盛況だった、8/13(日)、京都拾得でのワンマンライヴから、もうすぐ3ヶ月。 東京では次のワンマンに向け…

ベスト盤よりも、アルバムごとに順を追って〜チャック・ベリー編〜

少しづつ時間をかけて、チャック・ベリーの経歴をたどっている。 全てを網羅できるわけではないが、ある程度順を追って。 1957年のファースト・アルバム『After School Session 』から初めて、今 、1964年の『 St. Louis To Livepool 』まできた。 ブルース…

何かを掴んだかもしれない

今朝は、朝寝坊。 なので、簡単に。 突然、何かを掴んだ感覚になる時がある。 昨日の昼頃、ロバート・クレイの新しいアルバムを聴いていて、そのドラムのスティーヴ・ジョーダンの凄さに改めて気付いた。 その凄さの一つのヒントを掴んだかもしれないと思っ…

雑誌を使い倒す

音楽雑誌を読む。 インタビュー記事などでは、そのアーティストの作品が必ず紹介されているから、それをSpotifyで検索して、聴きながらインタビュー記事の続きを読む。 そうすると、記事への理解が深まる。 知らない音楽との出会いにもなる。 記事を読みなが…

ワンマンライヴまでの、道しるべ② 〜関西編〜

再び、Mr.ワリコメッツのワンマンライヴまでの日数を数えてみる。 42。 12月10日まで、あと42日か。 そして、僕が立てたワンマンライヴまでの「道しるべ」の、一つ目は通過し、二つ目、三つ目に向かっているところだ。 10月21日の投稿に記した、「道しるべ」…

ドラム×肉体

ちょっと前のドラムマガジンで、「ドラム×肉体」と題された、ドラムを叩くためのカラダ作りについての特集記事があった。 パワフルな音を出すために、筋トレする人。 長時間のライヴを演っても疲れないように、筋トレする人。 演奏中、身体の芯がブレないよ…

音楽にのめり込んでいく

ロバート・クレイ。 トローンボーン・ショーティ。 タジ・マハール+ケブ・モ。 ルーシー・フォスター。 ブルース・ザ・ブッチャー。 そして、今朝のノース・ミシシッピ・オールスターズ。 ブルース雑誌の新譜で紹介されてるのを読んで気になったものの中から…

自然にやりすごす

疲れがたまっている。 今朝も目覚めは少し遅かった。 ライヴの疲れだろうか。 アルコールの疲れだろうか。 ライヴハウスに行くと、ついついビールを飲みすぎてしまう。 「やらなきゃ」と思うことが溜まってきて、心理的な疲れを感じているのかもしれない。 …